Webデザイナー向けのおすすめフリーランスエージェント激選まとめ

Web・IT業界への就職

Webデザイナーにおすすめフリーランスエージェント

  1. レバテッククリエイター:福利厚生・高単価案件重視、専門性が高いコンサル(週2~3稼働案件あり)
  2. テクフリ:上場企業からの高単価案件多数&低マージン・直接発注がメインなので3人に1人が収入120%UP
  3. Midworks(ミッドワークス):正社員並みの手厚い保障内容・フルリモートや週3~の案件あり

Webデザイナーとしてフリーランスとして働きたいという方は近年増えており、リモートワークも可能な職種としても人気なため独立してガンガン稼ぐデザイナーもいれば隙間時間に週3くらいで働きたいママさんや趣味や自由な時間を確保しつつ働きたい等多様化した働き方ができるということでもフリーランスWebデザイナーは人気となっています。

 

とはいえいざフリーランスとして働きたいと思ってもどうやって仕事を探すのか、自分が希望する働き方や案件を見つけることができない、いろんなエージェントがあるけど比較しすぎて結局どれがいいのか分からなくなった…という方に厳選したおすすめのWebデザイナーに特化しているフリーランスエージェントを紹介していきます。

紹介しているエージェントの利用は全て無料となっています。

フリーランスWebデザイナーになる心構え

独立するのにはWebデザイン歴3年が妥当

フリーランスとして独立するための実績目安としてWeb制作会社などで業務経験が2~3年というのが妥当年数です。

たまにデザインスクールで数か月学んだのみの実力で独立を考える方がいますが、無謀と言えるでしょう。よほど営業力や実力がない限り仕事が続かず、早期契約が終了し次の契約が取れない等稼ぐのが困難になりやすいです。

スクールでスキルを付けたのであればまずは未経験から就職できるWeb制作会社に入って実績を積みましょう。

 

案件を見ても2~3年程度の業務経験歴を求めるところが多いため、より豊富な案件の中から選びたい場合はひとまず会社で3年は実績を積むのをお勧めします。

収入は不安定になりやすい・単価の相場

フリーランスWebデザイナーの案件の単価は、案件によって大きく変わってきます。
例えばレバテッククリエイターでリモート可の案件を見てみると、今年度で最高単価で月95万円、最低が月10万円。月40万円〜65万円が多く、案件の内容も様々です。

クラウドソーシングサイトにも様々な案件がありますが、手数料も引かれてしまうので単価は低めです。

クラウドソーシングサービスは未経験からの実績づくりには良いですが、これ1本としてやっていくには難しいでしょう。

ある程度の業務経験があるのであればクラウドソーシングサービスは逆に効率が悪いのと案件が思うように取れないなどがあるので、しっかり稼いで収入を安定させたいのであればWebデザイナー向けのフリーランスエージェントを利用し、自分の強みとするスキルに沿った仕事内容と希望単価を交渉し仕事を紹介してもらうのがベストです。

エージェントを通すことで企業側からお見送りとなった場合でもフィードバックがあるので他案件のエントリーへ行かせますので個人で探すよりもずっと効率が良いでしょう。

 

フリーランスとして働くことのメリット・デメリットまとめ

フリーランスとしては楽ことで自由な時間が確保しやすく、また自分が強みとするやりたい仕事を選んで働けるので会社員として働くよりも自分の可能性を最大限に生かし自由に働きやすいです。

また案件を取った分だけ収入がどんどん上がるので会社員としては楽よりも2倍3倍と収入UPを狙えます。

また人間関係のトラブルも少なくPCがありネットが繋がるのであれば自由な場所で仕事をすることができるので自分が住みたい場所に移住して働くということも可能です。

 

働いた分だけ収入に直結するため年収が1000万円超えるという方も珍しくはありませんし、高収入でなくても自分の時間を作りたいのであれば年収は500~600万円程度に抑えつつ趣味に時間を作れるように調整して働く方もいます。

また副業として働きたい方や、1度Web業界を離れブランクがあったが週2~3日稼働で働きたい業務経験のある主婦なども職に復帰したりと様々な層に対応した案件を揃えているのでフリーランスの働き方に興味があるのであればエージェントにまずは相談してみることをお勧めします。

 

デメリットとしては実績が少ないのであれば案件が取れない、また実力不足で契約が着られるなど収入が不安定になりやすい点と、確定申告は自身で行わないといけない点でしょう。

確定申告に至ってはエージェントによっては相談に乗ってくれたりしますし、近年では会計ソフトを利用して簡単に帳簿作成を行えるので独立したのであれば1度はやってみるのがいいでしょう。

Webデザイナーは経費が少なく、仕入れるものがないため基本的に売り上げの帳簿がメインですので他の業種に比べてかなり帳簿作成が簡単です。

また確定申告のみのお願いだけであれば1~3万円程度で税理士にお願いできるのでそこまで大きなデメリットでもないでしょう。

フリーランスWebデザイナー向けエージェントを厳選&徹底比較

レバテッククリエイター

 

 

レバテッククリエイターはWeb業界とゲーム業界に特化しているクリエイターに特化したフリーランスエージェントです。

特徴として業界最大級の案件を保有。業界トップクラスの高単価報酬、低マージンなので高収入を狙いたい方や多くの案件からより自分の希望に沿う案件を探したいという方は必ず登録しています。
またコーディネーターの実績、丁寧な対応にも安心感があり無理な案件の提案は一切ありません。

また早期の契約更新確認。契約の途切れの不安を解消するよよう徹底した早期確認を行なっているので契約時や光正寺のトラブルについては心配がいらない実力のあるサービスです。

 

高単価のものを中心に幅広い案件が揃っていますが、リモート可能な仕事となるとやや選択肢が狭くなります。

また、東京エリアの案件が大半であるため地方在住者にはあまり使い勝手がよくないかもしれませんがWebデザイナーとしてフリーランスになる方の多くが利用しているエージェントでもあるのでひとまず登録だけしておくことをお勧めします。

テクフリ

 

テクフリはフリーランスエンジニア、Webデザイナーに特化したエージェントサービスです。

テクフリの最大の魅力は、案件の質が高いという点。

独自の案件マッチングシステムを持っており、90%以上の人が希望単価を下げずに参画。

中間マージン10%案件~と仲介手数料が少ないので売り上げにそのまま直結しやすく3人に1人が収入120%アップの実績があります。
さらに、テクフリには万が一の怪我や病気に備えられる休業補償などの福利厚生が充実しているので収入が安定しにくいWebデザイナーとって安心できる働き方を提供してくれています。

 

自分が希望する高単価案件を探し収入UPを狙いつつ、休業補償などの福利厚生がしっかりしているサービスを提供してくれるフリーランスエージェントを探しているならピッタリでしょう。

Midworks

 

MidworksはIT系のフリーランスエンジニア、Webデザイナー(個人事業主)専門のエージェントサービスです。

UI/UXデザインやWebデザイン、ゲーム系デザインなどの高単価案件を取り扱っています。

強みしているのが正社員並みの保障制度を提供とは豊富な案件で知られており、福利厚生サービスや確定申告のサポート、フリーランス向けの賠償責任補償や報酬保障サービスなども手厚い。

「フリーランス」と「正社員」の、良いとこ取りをした働き方を実現する、自由度の高い働き方と手厚い保障が特徴です。

 

現在正社員でフリーランスになろうか悩んでいる、フリーランスとして働いているが、先行きが不安があるという方に安心と保障と一定以上の収入が確保できるので安心できるエージェントです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

Webデザイナーとして独立するにあたりフリーランスエージェントは仕事探しと保障の良きパートナです。

特にWebデザイナー職は特殊であり特化して取り扱っているエージェントも多くはないですが、本記事で紹介しているエージェントは対応よし、高単価案件が豊富でその他の福利厚生もしっかりしているのでフリーランスとして働くのにとても安心できます。

 

まずは気になるエージェントに登録して第一歩を踏み出してみましょう。

Webデザイナーにおすすめフリーランスエージェント

  1. レバテッククリエイター:福利厚生・高単価案件重視、専門性が高いコンサル(週2~3稼働案件あり)
  2. テクフリ:上場企業からの高単価案件多数&低マージン・直接発注がメインなので3人に1人が収入120%UP
  3. Midworks(ミッドワークス):正社員並みの手厚い保障内容・フルリモートや週3~の案件あり
タイトルとURLをコピーしました